ソースの紹介

キャベツで仮説思考を知る!

2019.6.29

キャベツを安く買いたいぞ!

こんにちは!ソーススタッフの岩﨑です。

突然なんですが、ご自身の夕飯のおかずに、キャベツが必要だとします。

駅前にはスーパー、デパート、八百屋さんがあるのですが、時間の都合上、どこか1軒にしか買いに行けません。できるだけ安く買いたいのですが、こういうとき、あなたはどこに行きますか?

●今日はスーパーの特売日だからスーパーがいちばん安いかな?

●八百屋さんは交渉次第でまけてくれるから、八百屋さんがいちばん安いかな?

●デパートは時間帯によって安売りの時間があるから、デパートがいちばん安いかな?

などなど、いろいろな考えをもとに、どのお店に行くか、決定するのではないかと思います。

ほんとうはスーパー、デパート、八百屋のすべてに足を運んで、価格の安いお店でキャベツを選べばいいんです。しかし、忙しい現代人にそんな時間はない。

これ、ビジネスの現場でもそうなんですよね。いろいろな方法があって、その全部をためしてみればいいのですが、そんな時間に余裕がある状況って、非常に少ないのです。

仮説思考とは?

そこで有効なのが、仮説思考。上にあげた、

●今日はスーパーの特売日だからスーパーがいちばん安いかな?

●八百屋さんは交渉次第でまけてくれるから、八百屋さんがいちばん安いかな?

●デパートは時間帯によって安売りの時間があるから、デパートがいちばん安いかな?

というのは、すべて仮説とよばれるものです。すべてのデータが揃わないときに、人は限られた情報をもとに、とりあえず自分が合理的だと思う論理を組み立てて、行動します。普段から、意識的に仮説を立てる力を磨いて行けば、少ない情報でもより合理的な選択をすることが可能となります。

今回、ソースでは簡単なゲームを行い、この仮説構築能力を高める訓練を行いました。参加者の皆さんに、限定的な情報をもとに、仮説を組立てる練習をして頂きました。「うまく仮説を立てて、論理立てて行動することの大切さが分かった」というご意見を頂き、とても実りのあるプログラムとなりました。

ソースでは、実際のビジネスの現場で活用できるスキルを磨くプログラムを多種ご用意しております。

あなたも参加してみませんか?

岩﨑友寛

******************************************
大阪府堺市の就労移行支援事業所、ソース堺東・三国ヶ丘は
メンタルクリニックに通っている方、
うつ等の精神障害、発達障害、知的障害等をもっている方の
<働きたい!> という気持ちを全力でサポートします。
資料の無料送付、見学・体験を受け付けておりますので、ぜひお気軽にお問合せください♪
お一人でも、ご家族や支援者の方のみでも大歓迎です。
ソース堺東 TEL 072-225-1010
ソース三国ケ丘 TEL 072-242-8083