スタッフ雑記

非常に厄介な癖【就労移行支援 大阪 ソース堺東・三国ヶ丘】

2020.6.11

みなさんこんにちは。ソース堺東の岩崎です。

厄介な癖

じつはわたし、後回し癖があります。

大切な物事を、めんどくさがってついつい後回しにしてしまう、という非常に厄介な癖で、たとえば勉強、家事、役所に行く、などのことがらをずーっと放置していることがあります。

最近では、クリーニングに出した衣類をずっとクリーニング屋さんに預けっぱなしで、じつはまだ取りに行っていません

こういったこと、多かれ少なかれ誰でも経験があるものでしょうか。

しかし、程度の多寡はあるはずで、けっこう深刻な後回し癖です。

 

恐怖のスパイラル

後回し癖には、2つの問題があります。

ひとつは、やらなければいけないことを後回しにするせいで、損害が出る、ということ。

レンタルDVDを返却に行かず、延滞料を取られてしまった、とかいうケースですね。

もうひとつは、「後回しにしている…」という気持ちで日々を過ごしているので、そのことで憂鬱な気分になってしまう。ということ。

「ああ、DVD返しにいかないと、でもめんどくさいな、いやだな」と、もんもんと一日を送る、そういう状態です。

このふたつは、

 

後回しにした→憂鬱な気分になる→さらに後回しにして損害が出る→余計憂鬱な気分になる→さらに損害が出る。

 

といったように、負のスパイラルを生むこともあり、なかなかやっかいです。

なるべく意識の変革につとめて、自分を変えようとしているのですが、そうたやすく自分の性格は変わりません。

解決策!?

後回し癖を根治するのはとても難しい。しかしながら、上記の悪循環を防いで、失点を最小限に留めることはできます。

グーグル、ヤフー、マイクロソフトなど、大手インターネット関連企業へのコンサルティングを行っているリッチ・シェフレンという人が、後回しで憂鬱な気分になってしまうことの対策として、以下のように述べています。


『ここで、解決策を1つ教えましょう。仕事Xに嫌々取り組むのはやめて、Xと同じくらい重要な他の仕事をするのです。例えば、「やること」リストの次に載っている仕事YとZに取り組むのです。 仕事YとZが片付いたときに、仕事Xに戻るエネルギーが残っているかもしれませんし、その日の仕事はそれでやめにするかもしれません。 でも、とにかく、何かは達成できました。重要なのはこれなのです。』

そうです。なんだかやる気のおきない、めんどくさいことを後回しにする代わりに、それと同じくらい重要で、かつそんなにめんどくさくないことをやるのです

「きょうはAはできなかった。でもBはできた。だから良しとする」

これ、後回し癖が無い人にとっては屁理屈のように思うでしょうが、私のような後回し常習犯にとっては、まさにコロンブスの卵です。こんな考え方があったのか!

考え方ひとつで、物事がクリアになったり、すっきりした気分になるものです。

「できない」を悩むのではなく、「できた」を積み重ねること、それは前に進むための力になります。

前に進んでいるうちに、「できない」ものが「できた」に変わるかもしれません

ということで、クリーニング屋さんに行くのはこんどにして、代わりにブログを書きました。ぜひ応用してくださいね!

 

 

ソース堺東 岩崎 友寛

2019年就職内定者 20名!

ソース堺東 とソース三国ヶ丘は

メンタルクリニックに通っている方や

障がいをお持ちの方の

< 働きたい!> という気持ちを

全力でサポートします。

随時見学・体験を受け付けておりますので

ぜひお気軽にお問合せください♪

お一人でも、ご家族や支援者の方のみでも

大歓迎です。

ソース堺東

TEL 072-225-1010

ソース三国ケ丘

TEL 072-242-8083

【ソース堺東】コツを知って断り上手になろう!~ビジネススキルトレーニング~

困ったときは、相談を【就労移行支援 ソース堺東・三国ヶ丘】

メンタルヘルス勉強会