事業所プログラム・イベントの紹介

自分の障害特性を知り、企業に伝えられるようにしよう!【大阪府の就労移行支援事業所 ソース堺東・三国ヶ丘】

2023.11.29

就労移行支援事業所 ソース堺東・三国ヶ丘で実施したプログラムは以下のとおりです。

ソース堺東

SST(ソーシャルスキルトレーニング)

「日常的な会話(雑談)をしよう!」をテーマにプログラムを実施しました。

 

・実習先で会社の人から話しかけられたどのように返したらよいか

・会社の上司に話しかけられたらどう返答するか

・同僚に話しかけられたときのリアクション

 

などについて話し合いました。

雑談には、一般的に次のような目的があります。

 

・相手の人柄や性格を知りたい

・相手の状況・様子を知りたい

・コミュニケーションをとって友好を示したい

 

これらを踏まえたうえで、ロールプレイングを実施。

スムーズに会話が続くように心がけました。

今回のプログラムに参加した感想として

 

・難しかった

・今まで会話が続かなかった理由が分かった

・会話を受け取るだけで、返せていなかった

 

といった声があがっていました。

雑談のスキルは経験が重要。

ソースのスタッフや他の利用者さんと何気ない会話をしてみましょう♪

 

ソース三国ヶ丘

就労準備講座

12月の障害者職場体験マッチング会にむけて、必要な配慮事項を考えることの重要性を取りあげました。

はじめに、二つの事例を紹介。

職場実習生として企業の仕事を体験させてもらえることとなったAさんとBさん。

ふたりとも、口頭指示での業務内容の理解に時間がかかるという障害特性を持っています。

Aさんはあらかじめ実習先の企業に自分の特性を踏まえた配慮事項を伝えていたのですが、Bさんはそういった準備を行っていませんでした。

こういった場合、スムーズに実習を進めることができるのは、Aさんのほうではないでしょうか。

事前に配慮事項を相談しておけば、企業が業務についての段取りが書かれたマニュアルを用意してくれていたり、指示を伝えるさいにゆっくりと説明してくれたりといったサポートを受けられる可能性があります。

対して、配慮事項を伝えていない場合、そういったサポートを受けられる可能性は低くなってしまいます。

また、特性を企業に伝えるには、そもそも自分自身が自分の特性を十全に理解していなければなりません。

プログラムでは、障害特性を分析するためのチェックシートを活用して自分の特性やそれに起因する困りごとを整理。

マッチング会の面接時に特性を企業にスムーズに伝えられるように準備を行いました。

職場実習体験マッチング会は、実際の企業の業務を体験できる可能性のある非常に有益なイベントです。

準備をしっかりと整えておきましょう!

 

ウォーキング

事業所の近隣をウォーキング!

昨今寒暖差が激しく、すごく寒い日もありますが、幸いこの日は日が差していてなかなかのウォーキング日和でした。

 

楽しくおしゃべりしながら体を動かし、ストレスを解消できました~

 

ソースのイベントは、利用を検討中の方でも参加可能です!

ご興味のあるイベント、プログラムがあればぜひ参加してみてくださいね~

 

2022年度 就職者 20名!!

ソース堺東 とソース三国ヶ丘は

メンタルクリニックに通っている方や

障がいをお持ちの方の< 働きたい!> という気持ちを全力でサポートします。

随時見学・体験を受け付けておりますので

ぜひお気軽にお問合せください♪

お一人でも、ご家族や支援者の方のみでも大歓迎です。

ソース堺東

TEL 072-225-1010

ソース三国ケ丘

TEL 072-242-8083

申し込みフォーム

【2018~2023就職実績】90名以上の方が就職決定しました!!【就労移行支援 大阪 ソース堺東・三国ヶ丘】

就労移行支援とは【大阪府の就労移行支援事業所 ソース堺東・三国ヶ丘】

障害者雇用とは【大阪府の就労移行支援事業所 ソース堺東・三国ヶ丘】

就労移行って意味ない?活用方法とミスマッチを防ぐためのポイント|大阪府堺市の障害者就労移行支援事業所 ソース